豊中市・箕面市・吹田市の離婚問題を弁護士が解決!

弁護士による離婚相談

運営:大阪千里法律事務所

千里中央駅徒歩1分

仮面夫婦の種類と対策

近年離婚率は約30パーセント前後といわれています。

 

このような離婚率となっていしまった原因はいったいなんなのでしょうか。そのうちの一つに仮面夫婦化があげられるでしょう。人前ではある程度夫婦としての建前を保っている一方で、家庭内では完全に夫婦間のコミュニケーションは薄れていってしまっており何のために一緒に生活しているのかが全く分からない状況になってしまうことを言います。付き合った当初から誰もが仮面夫婦になろうと思っていたわけではないことは明白です。それなのにどうしてこのような状態に陥ってしまうカップルは多いのでしょうか。今回は離婚率の増加とともに近年増えつつある仮面夫婦の実態について調べてみました。その実態とともにご覧ください。

 

どうして仮面夫婦になってしまうのか。初めは些細なすれ違い。
だれしもが仮面夫婦になりたくてなっているわけではありません。始まりは常に夫婦間の些細なすれ違いから起こります。仕事の帰りが遅い日が続いてしまい妻が夫に不信を持ったり、子育ての中でお互いの意見がぶつかり合いコミュニケーションがおろそかになってしまったり。そんな些細なすれ違いから仮面夫婦化は始まっているといえます。ではなぜ離婚してしまわないのか?そんな疑問を持つ方も多くいらっしゃると思います。離婚すればまた新たな異性に出会うことができ、その方はもっと自分にあっている人かもしれない。そう思えば無駄な時間を過ごすよりも合わない人とは早く見限って次に進むべきだと館和えられるかもしれません。しかし、仮面夫婦を続けていられる方々には彼等なりの理由があるのです。

 

産後クライシス
仮面夫婦に陥りやすいもう一つの原因として産後クライシスという言葉があげられます。これは出産後に子供の育児が第一になってしまい夫婦同士の時間をとることが難しくなってしまう問題を表す言葉です。出産が原因で夫婦間の絆が崩れてしまう事例は非常に多く子供は産みたいけれど夫婦の関係も大切にしたいという夫婦のなかでのジレンマとなっています。

仮面夫婦であり続ける理由1
子供の将来に影響を与えるのが不安
子供の発育にはどうしても夫婦の関係が影響してきます。ある研究では夫婦間の中が好ましくな家庭で育った子供と関係が良好な家庭で育った子供では学校の成績に大きく差が出ることが知られています。子供の将来を考えるために夫婦であり続けることを選択するカップルは多いです。

 

理由2
周囲の評価を気にする
ひとたび離婚してしまいバツイチという評価がついてしまうことを、人はどうしても気にするものです。男性ならば会社での出世に影響するのではないかと考えたり、女性ならば学生時代の友人に対して顔向けできなくなるなどと考える人が多いようです。

 

理由3
金銭的問題
男性の場合は別ですがとくに女性の場合は自らでまとまった収入を稼ぐことができない人はもちろん多くそういった金銭的理由から仮面夫婦という形態を選択する人は非常に多いです。また結婚というものはお互いの収入が一緒になるのでお金も気持ちも二倍になります。しかし離婚はお金も気持ちも半分になってしまいます。また近年は女性の社会進出が活発になってきたといわれますが、やはりまだまだ専業主婦であった女性が社会にでて活躍できる環境は整っているとは言えません。こうしたことも仮面夫婦化を進めている一つの原因でしょう。

このように仮面夫婦になる原因はいくつかあり、その理由も様々です。では出産を経験したり夫婦間のコミュニケーションがなくなってしまうと、もう二度と夫婦間の絆を取り戻すことはできないのでしょうか。一度仮面夫婦になっていしまってはもう二度と以前のような関係には戻れないのでしょうか。そんなことはありません。どんな仮面夫婦も元に戻ることは絶対にできます。

仮面夫婦から脱却するには
お互いにしっかりとしたコミュニケーションを
仮面夫婦になってしまう人たちの特徴は何か夫婦間で問題が起きても解決をあきらめてしまったり、お互いに言いたいことがあっても言わずに我慢してしまうことがあげられます。これではいつまでもコミュニケーションが不足は改善されません。衝突を恐れずにお互いに思うことを打ち明ける時間を作りましょう。

夫婦間の時間も大切に
育児の間は特に女性の場合は子供にかかりきりなってしまうことは仕方のないことでしょう。しかし育児もある程度落ち着き子供も手のかからない年齢になったのならばもう一度夫婦間の時間を取り戻してみてはいかがでしょう。その時間の中でまた新しいパートナーの一面を発見することができるかもしれません。

 

まとめ
仮面夫婦は結婚という慣習が一般的になった現代においては夫婦間の間の避けられない問題であるのかも知れません。しかしそこでお互いのことをあきらめてしまっては自分自身の人生をあきらめてしまうことにもつながります。つらいことを恐れずに、将来のパートナーと今一度向き合ってみてはいかがでしょう。

<div class="rikon-box">
<p class="contact"><a href="/contact/"><img class="opacity" src="http://www.senri-rikon.com/Yuon3cah9ohj5coh6rohph1iwae7chee/wp-content/uploads/topbnr002_btn_form.png" alt="24時間対応 ご相談フォーム" width="308" height="31" /></a></p>
<p class="profile"><a href="/lawyers/"><img class="opacity" src="http://www.senri-rikon.com/Yuon3cah9ohj5coh6rohph1iwae7chee/wp-content/uploads/topbnr002_btn_about.png" alt="弁護士紹介ページはこちら" width="164" height="17" /></a></p>
</div>