豊中市・箕面市・吹田市の離婚問題を弁護士が解決!

弁護士による離婚相談

運営:大阪千里法律事務所

千里中央駅徒歩1分

弁護士を選ぶポイント

弁護士を選ぶポイント

弁護士を選ぶにあたっては以下のポイントに気を付けて選ぶべきです。

 

ポイント①:態度が謙虚で言葉遣いが丁寧かどうか。

弁護士はサービス業です。依頼者を満足させなければなりません。態度が尊大で言葉遣いが悪い弁護士は依頼者を満足させることはできません。

弁護士業がサービス業であることを理解しておらず、依頼者の満足度について無関心である可能性が高いです。このような弁護士に依頼すべきではありません。
当事務所では、弁護士業はサービス業だと考えており、依頼者満足度を重視しております。

法律に素人である依頼者にわかりやすく、丁寧に説明し、依頼者に満足してもらえるよう努力しています。

 

ポイント②:今、何をやっていて、次に何をするのか常に説明してくれるかどうか。

弁護士には依頼者に対する報告義務があります。

相手方に対してどのような交渉を行い、相手方の回答はどうだったのかを報告する必要があります。

そして、交渉の進展に応じて依頼者と協議して次の交渉方法を決めて行かなければなりません。

このような報告を怠る弁護士に依頼することは避けるべきです。

報告がなければ、弁護士が本当に交渉しているかどうかもわかりませんし、次にどんな手を打つか相談・協議することもできません。

当事務所では、協議中においては、相手方との交渉状態を報告し、交渉状況に応じて依頼者と協議を行い、次の手を打って行くようにしています。

また、調停・訴訟の期日には、依頼者報告書を作成して依頼者にお送りしています。

相手方や当方が提出した書面を依頼者にお送りし、現在の交渉状況を理解していただいております。

また、このような資料に基づいて、次に何を行っていくのかを依頼者と協議しています。

 

ポイント③:仕事のスピード。

弁護士の中には、非常に多くの事件を受任し、1件あたりにかける時間が少ない弁護士がいます。

そのため、事件が遅々として進みません。こちらから積極的に相手方に働きかけるのではなく、交渉相手からアクションがあってから動くというような弁護士がいるのです。

このような弁護士への依頼はやめるべきでしょう。
当事務所では、受任した事件には直ちに着手するようにしております。

また、交渉開始後も返答の遅い相手方に電話・FAXで早期返答を求め、事件が早期に解決できるよう努力しています。

 

ポイント④:考え方がポジティブで、依頼者を励ましてくれるかどうか。

弁護士の中には、悲観的な方もおられるようです。依頼者の不安ばかりあおって、依頼者と一緒になって方針を迷うような弁護士です。

そのように、発想が後向きで消極的すぎる弁護士への依頼はやめるべきです。
交渉が簡単に動く場合もありますが、現実には相手方が理不尽な要求を繰り返し、こちらが望む解決が早期にできない場合もあります。

そのような場合に何の手立てもしない弁護士や、依頼者と一緒になって右往左往する弁護士では、弁護士として失格です。

「最終的にはこちらが勝ちます。一緒に頑張りましょう。」と励まし、共に闘ってくれる弁護士を選ぶべきです。
当事務所では、不安になられる依頼者を励まし続け、最終的に依頼者の望む解決ができた例が多いです。

依頼者から、「強く励まして頂き、最後まで強い気持ちで戦うことが出来ました。」とうれしいお手紙を戴いたこともあります。

<div class="rikon-box">
<p class="contact"><a href="/contact/"><img class="opacity" src="http://www.senri-rikon.com/Yuon3cah9ohj5coh6rohph1iwae7chee/wp-content/uploads/topbnr002_btn_form.png" alt="24時間対応 ご相談フォーム" width="308" height="31" /></a></p>
<p class="profile"><a href="/lawyers/"><img class="opacity" src="http://www.senri-rikon.com/Yuon3cah9ohj5coh6rohph1iwae7chee/wp-content/uploads/topbnr002_btn_about.png" alt="弁護士紹介ページはこちら" width="164" height="17" /></a></p>
</div>