豊中市・箕面市・吹田市の離婚問題を弁護士が解決!

弁護士による離婚相談

運営:大阪千里法律事務所

千里中央駅徒歩1分
妻の不貞行為の相手方から、慰謝料550万円を取得した事例

解決事例

妻の不貞行為の相手方から、慰謝料550万円を取得した事例

 

依頼者 夫 池田市在住

夫 30代 医師

妻 30代 会社員

相手方 自営業

きっかけ 妻の不貞相手が真摯な謝罪の姿勢を見せなかった

 

Aさんの妻は不貞行為をしており、Aさんは,不貞行為の証拠となるSNSを発見しました。そこで,Aさんが問い詰めたところ,Aさんの妻と不貞相手が両方とも不貞行為を認めたので、Aさんは妻と離婚することを決意しました。 Aさんは、当初、妻の不貞相手と自分で示談交渉していました。相手方は、Aさんに謝りたいとは言っていたものの、Aさんと交わした約束さえ守ろうとしない状況でした。 口では謝りたいと言いながら、真摯な謝罪の姿勢を見せない相手方の対応にAさんは納得できず、自分一人での交渉は難しいと判断し、当方に依頼されました。 Aさんには相当の収入があったので、Aさんは、金銭取得よりも、相手方に何らかのペナルティを与えることを希望していました。また、Aさんは3か月後に転勤する予定になっていたので、早期解決を希望していました。 法律上慰謝料請求以外の方法で相手方にペナルティを与えるのは難しいので、弁護士はAさんにそのことを説明し、慰謝料の額にAさんの気持ちを反映させて慰謝料請求することにしました。 不貞行為が原因で離婚した場合の慰謝料の相場としては、200万円~300万円程度です。相手方にはかなりの収入があったので、弁護士は、Aさんの気持ちを慰謝料の額に反映させるためには相場の価格では足りないと判断し、慰謝料として500万円、弁護士費用として50万円を請求しました。 相手方にも弁護士がつきましたが、弁護士は、「Aさんは相手方にペナルティを与えることを望んでいる。相手方には高額収入があるので、通常の慰謝料ではペナルティにならない。550万円からの減額はできない。」と強調して交渉しました。その結果、相手方は慰謝料として550万円を支払うことを認めました。しかし相手方は,「今後Aさんが本件を口外した場合,違約金として550万円全額を相手方に返還する。」ことを合意書に記載するよう求めてきました。 違約金の額として550万円というのは高すぎます。Aさんが本件を口外しただけで,相手方の不貞行為に基づく慰謝料が発生しないのと同じ状況になるのは明らかに不当です。そこで,弁護士は、これらのことを指摘して、違約金が高額すぎると主張し、相手方と交渉を続けました。 その結果、最終的に「慰謝料550万円,口外した場合の違約金50万円。」で和解を成立させました。Aさんの希望どおり、受任から約2か月の早期解決ができました。

<div class="rikon-box">
<p class="contact"><a href="/contact/"><img class="opacity" src="http://www.senri-rikon.com/Yuon3cah9ohj5coh6rohph1iwae7chee/wp-content/uploads/topbnr002_btn_form.png" alt="24時間対応 ご相談フォーム" width="308" height="31" /></a></p>
<p class="profile"><a href="/lawyers/"><img class="opacity" src="http://www.senri-rikon.com/Yuon3cah9ohj5coh6rohph1iwae7chee/wp-content/uploads/topbnr002_btn_about.png" alt="弁護士紹介ページはこちら" width="164" height="17" /></a></p>
</div>