豊中市・箕面市・吹田市の離婚問題を弁護士が解決!

弁護士による離婚相談

運営:大阪千里法律事務所

千里中央駅徒歩1分
モラハラ・マザコン夫との生活に耐えかね、直接面会交流を求める夫の要求を拒否し、婚姻費用差額分回収・解決金140万円・養育費月4万円(相場より5,000円増額)で調停離婚した事例

解決事例

モラハラ・マザコン夫との生活に耐えかね、直接面会交流を求める夫の要求を拒否し、婚姻費用差額分回収・解決金140万円・養育費月4万円(相場より5,000円増額)で調停離婚した事例

 

依頼者 妻 豊中市在住

夫 29歳 教員

妻 28歳 保育士

離婚原因 夫のモラルハラスメント・マザコン・育児放棄

きっかけ 夫が実家に帰り、夫の父から離婚を求める書類が届いた

子ども 0歳

財産 なし

 

Dさんの夫はマザコンでした。毎日のように母親と連絡をとり、週末には実家に帰って宿泊していました。そのうえ、職場でのストレスを全て依頼者にぶつけ、依頼者を言葉によって虐待することでストレス解消していました。子どもを身ごもった依頼者をいたわることもなく、モラルハラスメントは悪化の一途をたどりました。 職場のストレスから体調を崩したことを理由に夫は実家に帰り、以後音信不通となりました。依頼者が出産しても面会にも来ませんでした。その後夫の父から離婚を求める手紙が届きました。さらに、依頼者が里帰りしていた間に、依頼者と夫が居住していたマンションを夫が解約してしまい、依頼者は実家で生活せざるを得なくなりました。にもかかわらず、夫は婚姻費用すら支払いませんでした。 Dさんは「夫がこれ以上変わることはない。」と判断し、離婚を決意されました。しかし、離婚交渉に夫父が出てくる可能性が高く、1人では太刀打ちできないため、当事務所に依頼されました。 弁護士は夫に対し、婚姻費用・慰謝料300万円の支払いと離婚を求めました。ところが夫は婚姻費用を支払わず、慰謝料の支払いも拒みました。やむを得ず、弁護士は離婚調停・婚費分担調停を申し立てました。その結果ようやく夫は婚姻費用を支払い始めましたが、相場より3万円少ない金額でした。また、離婚の条件として、突然子どもとの面会交流を求めてきました。今まで何の関心も示さなかったのですから、嫌がらせとしか考えられませんでした。 依頼者は直接面会交流を断固拒否しました。ただ夫は、慰謝料については140万円しか認めませんでしたが、養育費について相場より5,000円高い月4万円という金額を受け入れました。そのため依頼者としては慰謝料として約250万円(140万円+増額分約120万円)を取得したのと同様の利益を取得することができそうでした。依頼者は夫が恐ろしいため、依頼者が立ち会っての直接面会交流はできませんでしたが、写真や成績表等を送るという間接的面会交流くらいなら可能でした。そこで、写真や成績表を学期末ごとに郵送するという間接的面会交流なら応じる用意があるが、直接面会交流はできないと夫に伝えました。夫がそれに応じたため、婚姻費用の差額支払、養育費4万円、間接的面会交流という条件で調停離婚しました。

<div class="rikon-box">
<p class="contact"><a href="/contact/"><img class="opacity" src="http://www.senri-rikon.com/Yuon3cah9ohj5coh6rohph1iwae7chee/wp-content/uploads/topbnr002_btn_form.png" alt="24時間対応 ご相談フォーム" width="308" height="31" /></a></p>
<p class="profile"><a href="/lawyers/"><img class="opacity" src="http://www.senri-rikon.com/Yuon3cah9ohj5coh6rohph1iwae7chee/wp-content/uploads/topbnr002_btn_about.png" alt="弁護士紹介ページはこちら" width="164" height="17" /></a></p>
</div>