豊中市・箕面市・吹田市の離婚問題を弁護士が解決!

弁護士による離婚相談

運営:大阪千里法律事務所

千里中央駅徒歩1分
夫の不貞相手から慰謝料330万円を取得し、受任から約3週間の早期解決をした事例

解決事例

夫の不貞相手から慰謝料330万円を取得し、受任から約3週間の早期解決をした事例

 

依頼者 35歳 教師 豊中市在住
きっかけ 夫のラインから不貞行為が発覚した

 

 Aさんは、Aさんの夫であるBの携帯電話のラインのやりとりから、Bが職場の同僚であるCと不貞行為を行っていることを知りました。
 AさんはすぐにBに確認し、BもCとの不貞行為を認めたので、Cに慰謝料請求するため当方に依頼されました。
 Aさんは、BとCが不貞行為を行ったことに憤り、Bとの離婚も検討していました。
 不貞行為が原因で離婚した場合の慰謝料の相場としては、200万円~300万円程度です。また、AさんはCに相当怒りの感情を持っていました。
 そこで弁護士は、Aさんの気持ちを慰謝料の額に反映させ、慰謝料として300万円、弁護士費用として30万円(合計330万円)をCに請求し、Cと交渉しました。
 その結果、Cは慰謝料330万円を支払うことを認めました。
 Aさんは今後もBとCが不貞行為を行うことを懸念していました。
 そこで弁護士は、Cに対して、今後Bと私的に連絡・接触しないこと(私的接触禁止)を要求し、これをCに認めさせました。
 その後Cは、「不貞行為や示談の内容を第三者に口外しない。」という内容も合意条項に盛り込むことを提案してきました。
 しかし、Aさんは、「第三者に口外するつもりはないが、Cの要求に応じることに強い抵抗があるので、合意条項に盛り込みたくない。」というお気持ちでした。
 そこで弁護士は、Cの提案を拒否し、不貞行為を行われたAさんのCに対する怒りを強調してCに伝えることで、Cを納得させました。
 最終的に「慰謝料330万円、今後BとCとの私的接触禁止。」という内容で合意しました。
 受任から約3週間の早期解決でした。

<div class="rikon-box">
<p class="contact"><a href="/contact/"><img class="opacity" src="http://www.senri-rikon.com/Yuon3cah9ohj5coh6rohph1iwae7chee/wp-content/uploads/topbnr002_btn_form.png" alt="24時間対応 ご相談フォーム" width="308" height="31" /></a></p>
<p class="profile"><a href="/lawyers/"><img class="opacity" src="http://www.senri-rikon.com/Yuon3cah9ohj5coh6rohph1iwae7chee/wp-content/uploads/topbnr002_btn_about.png" alt="弁護士紹介ページはこちら" width="164" height="17" /></a></p>
</div>