豊中市・箕面市・吹田市の離婚問題を弁護士が解決!

弁護士による離婚相談

運営:大阪千里法律事務所

千里中央駅徒歩1分
夫の不貞相手から慰謝料70万円を取得し、夫に対する求償権も放棄させた事例

解決事例

夫の不貞相手から慰謝料70万円を取得し、夫に対する求償権も放棄させた事例

 

依頼者 44歳 会社員 吹田市在住

きっかけ 夫が単身赴任中に不貞行為を行っていたことを知った

 

 Aさんは、Aさんの夫であるBとCのラインのやりとりから、Bが単身赴任中にCと不貞行為を行っていたことを知りました。

 Aさんは、Bと離婚するつもりはありませんでしたが、BとCの不貞行為によってAさんの心が大きく傷ついたことをCに分からせたいと考え、Cに対する慰謝料請求を当方に依頼されました。

 離婚しない場合、慰謝料の相場は、100万円~150万円程度です。

 弁護士は、「心が大きく傷ついた」というAさんの気持ちも金額に反映させ、Cに対し慰謝料200万円を請求しました。

 これに対し、Cは弁護士に依頼し「慰謝料として50万円を支払う」という示談案を提示してきました。

 BとCの不貞行為はAさんに対する共同不法行為ですので、本来BとCは2人で協力して慰謝料全額をAさんに支払わなければなりません。

CがAさんに慰謝料全額を支払った場合、本来Bが負担しなければならない慰謝料もCが支払ったことになります。

そのため、今後CがAさんに慰謝料を支払った場合、Aさんに支払った慰謝料の一部を負担するようCがBに請求してくる可能性がありました(求償権の行使)。

また、AさんはBと離婚するつもりはなく、AさんとBの家計は今後も同一になる予定でしたので、Aさんは可能であればCに求償権を放棄させたいと考えていました。

 そこで弁護士は、Cに対し、慰謝料の増額を求めるとともに、Aさんに慰謝料を支払った後のBに対する求償権を放棄するよう求めて交渉しました。

 その結果、Cは「①“Bに対する求償権を放棄することを前提に慰謝料70万円を一括で支払う”という案か、②“Bに対する求償権を放棄せずに慰謝料85万円を分割払いで支払う”という案のどちらかでしか示談できない。どちらも無理なら訴訟を提起してもらって構わない。」と主張してきました。

 ①②の案の両方とも相場より慰謝料の金額が低かったので、裁判で争えば、更に慰謝料を増額できる可能性がありました。

 弁護士はそのことをAさんに説明しましたが、Aさんは早期解決を希望され、①の案で示談したいという意向でした。

 そこで、最終的に「Bに対する求償権を放棄することを前提にCがAさんに対し慰謝料70万円を一括で支払う」という内容で合意しました。

<div class="rikon-box">
<p class="contact"><a href="/contact/"><img class="opacity" src="http://www.senri-rikon.com/Yuon3cah9ohj5coh6rohph1iwae7chee/wp-content/uploads/topbnr002_btn_form.png" alt="24時間対応 ご相談フォーム" width="308" height="31" /></a></p>
<p class="profile"><a href="/lawyers/"><img class="opacity" src="http://www.senri-rikon.com/Yuon3cah9ohj5coh6rohph1iwae7chee/wp-content/uploads/topbnr002_btn_about.png" alt="弁護士紹介ページはこちら" width="164" height="17" /></a></p>
</div>

24時間対応ご予約フォーム
不貞相手への慰謝料請求
不貞相手への慰謝料請求
女性のための離婚相談
男性のための離婚相談
離婚相談票ダウンロード
慰謝料相談票ダウンロード
相談者の声
大阪千里法律事務所

最寄り駅:千里中央駅 徒歩約1分

アクセスマップ

※クリックすると拡大されます

豊中・箕面・吹田を中心とした大阪府全域に対応
箕面市、吹田市、豊中市を中心とした大阪府全域に対応しております。
大阪千里法律事務所
豊中市・箕面市・吹田市の弁護士による交通事故相談

banner-1