豊中市・箕面市・吹田市の離婚問題を弁護士が解決!

弁護士による離婚相談

運営:大阪千里法律事務所

千里中央駅徒歩1分
妊娠3ヶ月目に夫の不倫が発覚し、養育費を相場より増加させて離婚した事例

解決事例

③妊娠3ヶ月目に夫の不倫が発覚し、養育費を相場より増加させて離婚した事例

Iさんは職場結婚し、結婚後すぐに妊娠しました。
妊娠三ヶ月になったころ、元職場の同僚から、Iさんの夫と職場の同僚女性とが仲良くしているようだとの連絡を受けました。
驚いたIさんが夫の携帯電話のメールを見たところ、同僚女性とあちこちデートをしており、男女関係もあることがわかりました。
Iさんが夫を問いただしたところ、夫は謝るどころかIさんを罵倒して実家に帰ってしまいました。Iさんが夫と連絡を取ろうとしても、夫は電話もメールも無視して連絡が取れません
同僚女性とはその後も会い続けており、Iさんとやり直す気持ちはなさそうでした。
そこでIさんは夫との離婚を決意しました。夫と連絡がつかないので協議離婚はあきらめ、当方に離婚調停を委任されました。
離婚原因は夫の不貞行為ですから、Iさんは夫に慰謝料請求できます。また、離婚までの婚姻費用・離婚後の子の養育費を請求できます。しかし相手方は慰謝料の支払いを拒否し、低額の婚姻費用しか認めませんでした。
調停において当方は婚姻費用・慰謝料を含めた解決金の一括払いと養育費支払いを求め、相手方が相当な金額を支払わない場合には訴訟を提起する予定でした。ところが相手方には預貯金がほとんどなかった上、勤務先を辞めてしまい、一括払いが困難になりました。Iさんは早期解決を望まれていましたので、解決金の一括払いは少なくし、養育費の増額を求めることにしました。
そして、解決金については50万円に譲歩し、かわりに審判では月1万円程度になりそうな養育費を2万円に増額させて調停を成立させました。

<div class="rikon-box">
<p class="contact"><a href="/contact/"><img class="opacity" src="http://www.senri-rikon.com/Yuon3cah9ohj5coh6rohph1iwae7chee/wp-content/uploads/topbnr002_btn_form.png" alt="24時間対応 ご相談フォーム" width="308" height="31" /></a></p>
<p class="profile"><a href="/lawyers/"><img class="opacity" src="http://www.senri-rikon.com/Yuon3cah9ohj5coh6rohph1iwae7chee/wp-content/uploads/topbnr002_btn_about.png" alt="弁護士紹介ページはこちら" width="164" height="17" /></a></p>
</div>