豊中市・箕面市・吹田市の離婚問題を弁護士が解決!

弁護士による離婚相談

運営:大阪千里法律事務所

千里中央駅徒歩1分
元会社経営者の夫の不倫が原因で熟年離婚しようとしたが、子供のことを考え夫から解決金1000万円・土地建物の1/2を取得し、介護費用3000万円を預かることで離婚を踏みとどまった事例

解決事例

④ 元会社経営者の夫の不倫が原因で熟年離婚しようとしたが、子供のことを考え夫から解決金1000万円・土地建物の1/2を取得し、介護費用3000万円を預かることで離婚を踏みとどまった事例

依頼者:主婦 相手方:元会社経営者

Aさんは、夫の不貞行為の証拠を入手しました。すでに子育ては終わっておられ、離婚するとしたら熟年離婚です。
Aさんは、離婚するのなら、①夫名義の土地建物を財産分与として取得したい、②離婚後、夫の介護が必要になったときに子どもらが困るので、夫から介護費用として3000万円を預かりたいと考えておられました。
  しかし、夫は「女性と別れた。離婚は絶対にしたくないが、土地建物は渡したくない。」と主張し、離婚には応じませんでした。
  Aさんは悩まれました。訴訟して離婚はできたとしても、「夫名義の土地建物をAさんに財産分与せよ。」との判決が確実に出るとは限りません。孫もいるため、子どもたちも離婚に反対していました。
  Aさんは「今後、女性問題は起こさない。」という夫の言葉を1度だけ信じることにしました。
  ただし、離婚を思いとどまる代償として、夫名義の土地建物の1/2、解決金として1000万円を取得し、夫の介護費用として、3000万円を預ることで合意を成立させました。

<div class="rikon-box">
<p class="contact"><a href="/contact/"><img class="opacity" src="http://www.senri-rikon.com/Yuon3cah9ohj5coh6rohph1iwae7chee/wp-content/uploads/topbnr002_btn_form.png" alt="24時間対応 ご相談フォーム" width="308" height="31" /></a></p>
<p class="profile"><a href="/lawyers/"><img class="opacity" src="http://www.senri-rikon.com/Yuon3cah9ohj5coh6rohph1iwae7chee/wp-content/uploads/topbnr002_btn_about.png" alt="弁護士紹介ページはこちら" width="164" height="17" /></a></p>
</div>