豊中市・箕面市・吹田市の離婚問題を弁護士が解決!

弁護士による離婚相談

運営:大阪千里法律事務所

千里中央駅徒歩1分
妻から離婚調停を申し立てられたが、離婚を断念させ、子どもとの面会交流を実現させた事例

解決事例

妻から離婚調停を申し立てられたが、離婚を断念させ、子どもとの面会交流を実現させた事例

 

依頼者:夫 豊中市在住

夫:47歳

妻:27歳

離婚原因:

子供:3歳

財産:不動産(住宅ローンを差し引くと約200万円)・預貯金250万円

 

Xさんは、妻以外の人と社外で3~4回会っていました。肉体関係はなかったのですが、その関係を社内の人に知られてしまいました。
その女性が自らを被害者だと会社に申告したため、Xさんは会社を解雇されてしまいました。
このことについて激怒したXさんの妻は別居し、離婚と婚費を求めて調停を申し立てました。離婚を絶対にしたくなかったXさんは、当方に、「復縁したい。」と相談に来られました。
当方は、復縁のための調停を申し立てました。そして、どのような点を許せないと思っているかを妻から聞き出しました。
妻が怒っている点を理解した当方はXさんに妻の不満を伝え、妻の不満を解消するために今後どのように生活を改めるかを検討しました。その結果を陳述書にまとめて妻に伝えました。また、不貞行為がなかった以上、裁判離婚はできないことを妻に伝えました。
Xさんのどうしても離婚したくない気持ちに一定の理解は示してくれたものの、既に転居先で生活基盤ができつつあること、子どもが幼稚園に通いはじめたことから、妻は直ちに復縁してもとのマンションに戻ることはできませんでした。
そこで、「当面の間は別居を続け、子どもとの面会交流も行う。」との調停を成立させました。
Xさんとしては離婚を阻止できたので、一応の成果はありました。面会交流を続けて交流が続き、いずれは復縁につながることを期待しています。

<div class="rikon-box">
<p class="contact"><a href="/contact/"><img class="opacity" src="http://www.senri-rikon.com/Yuon3cah9ohj5coh6rohph1iwae7chee/wp-content/uploads/topbnr002_btn_form.png" alt="24時間対応 ご相談フォーム" width="308" height="31" /></a></p>
<p class="profile"><a href="/lawyers/"><img class="opacity" src="http://www.senri-rikon.com/Yuon3cah9ohj5coh6rohph1iwae7chee/wp-content/uploads/topbnr002_btn_about.png" alt="弁護士紹介ページはこちら" width="164" height="17" /></a></p>
</div>