豊中市・箕面市・吹田市の離婚問題を弁護士が解決!

弁護士による離婚相談

運営:大阪千里法律事務所

千里中央駅徒歩1分
不貞相手の元夫からの300万円の慰謝料請求を150万円に減額させた事例

解決事例

不貞相手の元夫からの300万円の慰謝料請求を150万円に減額させた事例

 

依頼者:会社員 男性 吹田市在住

夫:

妻:

離婚原因:

子供:

財産:

Wさんは、夫がいる女性と不貞をしていました。相手方は、その女性の元夫で、既に離婚していました。相手方は、Wさんに対し、慰謝料として300万円の支払を請求してきました。
Wさんは、訴訟に移行することは避け、示談での早期解決を望んでおられました。
弁護士は、相手方が既に元妻から慰謝料を受け取っていれば、支払う慰謝料を減額できるのではないかと考え、相手方に離婚協議書を出してもらうよう伝えました。しかし、相手方は、元妻から慰謝料を受け取っていませんでした。
不貞行為の慰謝料支払債務は不真正連帯債務とされており、法律的には、相手方はWさんに対し、200~300万円全額を請求することができます。ただ、慰謝料を支払う責任は、Wさんと相手方の元妻に等しくあり、半額ずつを負担すべきです。そのため、Wさんが相手方に全額を支払った場合、Wさんは相手方の元妻に対し、半額の100~150万円を支払うよう請求することができます。
そこで、弁護士は、Wさんが実質的に負担すべき150万円で和解できないかと交渉しました。
その結果、150万円を支払うという内容で和解を成立させました。受任から1か月半の早期解決でした。

<div class="rikon-box">
<p class="contact"><a href="/contact/"><img class="opacity" src="http://www.senri-rikon.com/Yuon3cah9ohj5coh6rohph1iwae7chee/wp-content/uploads/topbnr002_btn_form.png" alt="24時間対応 ご相談フォーム" width="308" height="31" /></a></p>
<p class="profile"><a href="/lawyers/"><img class="opacity" src="http://www.senri-rikon.com/Yuon3cah9ohj5coh6rohph1iwae7chee/wp-content/uploads/topbnr002_btn_about.png" alt="弁護士紹介ページはこちら" width="164" height="17" /></a></p>
</div>