豊中市・箕面市・吹田市の離婚問題を弁護士が解決!

弁護士による離婚相談

運営:大阪千里法律事務所

千里中央駅徒歩1分
依頼者にいじめを行っていた姑から離婚するよう迫られたマザコン夫・エネ夫が離婚原因をでっち上げて離婚訴訟を提起してきたが、理由がないことを立証して阻止した事例

解決事例

依頼者にいじめを行っていた姑から離婚するよう迫られたマザコン夫・エネ夫が離婚原因をでっち上げて離婚訴訟を提起してきたが、理由がないことを立証して阻止した事例

依頼者:妻

夫:妻 32歳 主婦

妻:夫 35歳 医師

離婚原因:ないにもかかわらず夫があると主張

子供:1人 1歳

財産:預貯金・マンション・自動車・生命保険

Yさんは夫と仲がよかったものの、子離れできない姑から陰湿ないじめを受けていました。ところが、夫は姑のいじめからYさんを守ることをせず、姑に対して全く意見できないマザコン夫でした。ある日ある出来事で姑のいじめに対して、見て見ぬふりをし続ける夫に対して不満が貯まり、Yさんは夫に対して日ごろのマザコンぶりを非難するメールを送りました。このことで、夫と口げんかになりましたが、夫と話し合って仲直りして、いつもどおりの平穏な生活をしていました。

ところが、夫がこのメールを姑に見せてしまい、姑がYさんに対して激怒し、夫に離婚を迫りました。夫は当初、子どももいるしYさんとは仲がよいことから、離婚するつもりはありませんでした。しかし、夫は姑に対して口応えが一切できません。そのうち、姑の命令を守り子どもと会うこともYさんと2人で話し合うことも拒否し、「マンションから出て行け。Yさんより母親を取る。」と離婚を求めるようになりました。マザコン夫がエネ夫(妻を攻撃する夫)に変わってしまったのです。

夫は離婚調停を申し立ててきたため、Yさんは当事務所に相談に来られましたが、離婚原因はYさんにはないことから、調停はご自分で出頭されました。夫と仲のよかったYさんは、夫が離婚したがっているはずはないと信じ、調停では離婚に応じませんでした。ところが夫は離婚訴訟を提起してきました。訴訟は自分の手に負えないと判断され、Yさんは当事務所に依頼されました。

夫の訴状は、事実を全てねじ曲げ、「当初から夫婦関係は悪かった。姑をいじめたのがYさんであり、姑に落ち度は全くない。」としており、Yさんに離婚原因ありとするものでした。

そこで当方は、夫婦仲は円満でケンカ一つしたことがなかったこと、姑の陰湿ないじめに耐え姑に文句一つ言ったことがないこと、夫は姑の陰湿ないじめからYさんを守ろうとしなかったこと、姑から直接離婚を迫られたことなどを具体的かつ詳細に主張・立証しました。

これに対して夫は、抽象的なことしか主張できませんでした。ウソなので具体的に主張できなかったのです。

その結果、裁判官は夫の主張を全く信用せず、Yさんの主張を信用し、夫の離婚請求は棄却されました。

マザコン夫は姑に命令されたのか、さらに控訴を提起して離婚を求めましたが、控訴審でも夫の主張は信用されず、夫の敗訴が確定しました。

マザコン夫は姑に一切反論できないため、姑の理不尽な主張をそのまま主張し譲ることがありません。訴訟で決着を図るほかないことが多いです。

<div class="rikon-box">
<p class="contact"><a href="/contact/"><img class="opacity" src="http://www.senri-rikon.com/Yuon3cah9ohj5coh6rohph1iwae7chee/wp-content/uploads/topbnr002_btn_form.png" alt="24時間対応 ご相談フォーム" width="308" height="31" /></a></p>
<p class="profile"><a href="/lawyers/"><img class="opacity" src="http://www.senri-rikon.com/Yuon3cah9ohj5coh6rohph1iwae7chee/wp-content/uploads/topbnr002_btn_about.png" alt="弁護士紹介ページはこちら" width="164" height="17" /></a></p>
</div>