豊中市・箕面市・吹田市の離婚問題を弁護士が解決!

弁護士による離婚相談

運営:大阪千里法律事務所

千里中央駅徒歩1分
依頼者を虐待し続けてきた妻に離婚訴訟を提起したところ、妻が慰謝料・財産分与を求めて反訴を提起したが、慰謝料を認めさせず財産分与も減額させて勝訴した事例

解決事例

依頼者 夫

夫 47歳 会社員

妻 46歳 アルバイト

離婚原因 妻の夫に対する虐待

財産 不動産(オーバーローン)、預貯金、生命保険、退職金

子ども 3人(22歳、20歳、17歳)

 

Zさんは、長年にわたって妻から虐待され続けてきました。

Zさんにだけ食事を作らず、母子4人で食事をし、Zさんがあいさつしても一切無視され、まるでZさんが存在しないかのように振る舞われました。冷暖房を使おうとしたり湯船に10センチ以上のお湯をためようとしたりすると怒鳴られ、許されませんでした。病気で激痛のため歩けず、救急車を呼んでほしいと頼んでも許されず、歩いて病院に行かされました。

単身赴任した後も、自宅に帰ろうと電話しても無視されるか、「うっとおしい。邪魔。」などと言われ、帰ることを許されませんでした。

子どものためにと我慢してきましたが、耐えかねたZさんは離婚を決意して調停を申し立てました。しかし妻が応じなかったため、当事務所に訴訟を依頼されました。

弁護士は、妻の虐待の様子を詳しく立証し、妻側の財産を開示させました。Zさんは離婚を決意する前に、ブログ(非公開)で妻の虐待の様子を記録していましたので、それを証拠として提出しました。

ところが、妻は「Zさんの浮気が原因」などとして慰謝料200万円・財産分与400万円を求めて反訴を提起してきました。

しかし、当方の立証により、裁判官は、「離婚原因は妻側にある。」と認定し、妻側の慰謝料請求を認めませんでした。また、財産分与額も150万円に減額して、当方の離婚請求を認める勝訴判決を下しました。

勝訴により離婚でき、Zさんは妻の虐待から免れることができました。

<div class="rikon-box">
<p class="contact"><a href="/contact/"><img class="opacity" src="http://www.senri-rikon.com/Yuon3cah9ohj5coh6rohph1iwae7chee/wp-content/uploads/topbnr002_btn_form.png" alt="24時間対応 ご相談フォーム" width="308" height="31" /></a></p>
<p class="profile"><a href="/lawyers/"><img class="opacity" src="http://www.senri-rikon.com/Yuon3cah9ohj5coh6rohph1iwae7chee/wp-content/uploads/topbnr002_btn_about.png" alt="弁護士紹介ページはこちら" width="164" height="17" /></a></p>
</div>