豊中市・箕面市・吹田市の離婚問題を弁護士が解決!

弁護士による離婚相談

運営:大阪千里法律事務所

千里中央駅徒歩1分

SNS(LINE、Facebook等)と不貞(浮気・不倫)行為の証拠の有効性

近年、年齢を問わず、幅広い年代の方が利用するコミュニケーションツールとして、LINEやFacebook、Twitterに代表されるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が発達しています。

特に、国内でのLINEの利用者数は6000万人を超え、2人に1人はLINEを

利用していると言われています。

 

気軽なコミュニケーションツールだからこそ、そこでのやり取りから、

重大な秘密が明らかになるということもあります。

 

最近では、夫や妻のスマートフォンをチェックしたら、SNSの履歴から

不貞(浮気・不倫)行為が疑われるやり取りを発見した、という相談を

受ける機会が増えてきました

 

 

 

LINE等に代表されるSNS上のやり取りが、不貞の証拠となりえるのか、という問題がありますが、文章のやり取りだけを根拠に不貞の事実を立証するためには、

文章の記述から性交渉があったことが明らかであることが必要です。ただ単に頻繁ににやり取りしているだけでは不貞の証拠としては不十分です。

 

前述した通り、SNS上の単なるやりとりだけでは、不貞の証拠としては不十分です。

しかし、それらを交渉材料として相手方と話し合いを持つことで、相手方が不貞行為を自白し、不貞行為を認めるということは良くあることです

 

相手方が不貞行為を認める場合には、音声を録音したりして、有効な証拠として残すことが重要です。その際には、不貞相手の名前やその事実を残すことが大切です。

 

ただ、こちらの証拠を示さずあたかも証拠を握っているかのように交渉する必要がありますし、何をどう言わせるかについては専門知識と交渉経験が必要です。

このような交渉に慣れた弁護士に依頼しないと証拠化することは難しいでしょう。

 

 

相手方の不貞が疑われる時点で、離婚・慰謝料請求の専門弁護士にご相談をされ、その後の対応について検討されることをおすすめいたします。

 

<div class="rikon-box">
<p class="contact"><a href="/contact/"><img class="opacity" src="http://www.senri-rikon.com/Yuon3cah9ohj5coh6rohph1iwae7chee/wp-content/uploads/topbnr002_btn_form.png" alt="24時間対応 ご相談フォーム" width="308" height="31" /></a></p>
<p class="profile"><a href="/lawyers/"><img class="opacity" src="http://www.senri-rikon.com/Yuon3cah9ohj5coh6rohph1iwae7chee/wp-content/uploads/topbnr002_btn_about.png" alt="弁護士紹介ページはこちら" width="164" height="17" /></a></p>
</div>

24時間対応ご予約フォーム
不貞相手への慰謝料請求
不貞相手への慰謝料請求
女性のための離婚相談
男性のための離婚相談
離婚相談票ダウンロード
慰謝料相談票ダウンロード
相談者の声
大阪千里法律事務所

最寄り駅:千里中央駅 徒歩約1分

アクセスマップ

※クリックすると拡大されます

豊中・箕面・吹田を中心とした大阪府全域に対応
箕面市、吹田市、豊中市を中心とした大阪府全域に対応しております。
大阪千里法律事務所
豊中市・箕面市・吹田市の弁護士による交通事故相談

banner-1