豊中市・箕面市・吹田市の離婚問題を弁護士が解決!

弁護士による離婚相談

運営:大阪千里法律事務所

千里中央駅徒歩1分

モラハラは離婚原因がないから離婚できないのか?

「モラハラを理由に離婚するのは難しい。」と考えられている方も多いと思います。

 

確かに、モラハラ夫(妻)と離婚するには時間がかかる場合が多いです。

しかし、それは「モラハラが離婚原因に当たらない」という理由ではありませんし、最終的にモラハラ夫(妻)と離婚ができないわけでもありません。

 

モラハラ夫(妻)と離婚するのに時間がかかる場合が多いのは、以下の理由からです。

 

① モラハラ夫(妻)は離婚に同意しない

 

モラハラ夫(妻)は被害者を自分の支配下に置き続けたいと考えていますので、離婚によって被害者と離れることに強く抵抗します。

そのため、モラハラ夫(妻)に離婚を求めても、離婚を拒否するか、理不尽な離婚条件を被害者に要求して離婚自体を諦めさせようと画策することが多いです。

 

モラハラ夫(妻)にはこのような特徴がありますから、弁護士に依頼せずに被害者が自分でモラハラ夫(妻)と離婚協議や離婚調停を行って離婚を成立させることは極めて困難です。

 

② 裁判でモラハラを立証するのは困難な場合が多い

 

モラハラも「婚姻を継続し難い重大な事由」として離婚原因と認められる場合があります。

 

ただ、モラハラ夫(妻)の支配下に置かれた状態で、被害者が、「婚姻を継続し難い重大な事由」に当たるほどのモラハラ行為を立証できるような証拠を収集するのは極めて困難です。

そうすると、モラハラ夫(妻)が裁判で自分のモラハラ行為を認めることはあり得ませんから、モラハラの証拠が足りず、結果的にモラハラだけを理由に離婚判決を獲得するのは困難な場合が多いです。

 

③ モラハラ夫(妻)と離婚する方法

 

上記のような場合でもモラハラ夫(妻)と離婚できないわけではありません。

 

すなわち、実務上、長期の別居も「婚姻を継続し難い重大な事由」に当たると考えられていますので、十分な別居期間(3年程度)があれば特にモラハラを立証するまでもなく裁判で離婚判決を獲得できます

 

また、モラハラ夫(妻)と早期に別居した上で離婚協議や離婚調停を行えば、協議・調停中も別居期間を稼ぐことができます

離婚協議や離婚調停で離婚できる場合もあります。

 

被害者が我慢し続けてもモラハラ夫(妻)が反省して言動を改めることはありませんので、モラハラ夫(妻)との離婚を考えられた場合は、別居・離婚に向けて、早めに弁護士に相談された方がいいでしょう。

 

当事務所では、別居のやり方等についてもアドバイスしております

<div class="rikon-box">
<p class="contact"><a href="/contact/"><img class="opacity" src="https://www.senri-rikon.com/wp-content/uploads/topbnr002_btn_form.png" alt="24時間対応 ご相談フォーム" width="308" height="31" /></a></p>
<p class="profile"><a href="/lawyers/"><img class="opacity" src="https://www.senri-rikon.com/wp-content/uploads/topbnr002_btn_about.png" alt="弁護士紹介ページはこちら" width="164" height="17" /></a></p>
</div>

24時間対応ご予約フォーム
不貞相手への慰謝料請求
不貞相手への慰謝料請求
女性のための離婚相談
男性のための離婚相談
離婚相談票ダウンロード
慰謝料相談票ダウンロード
相談者の声
大阪千里法律事務所

最寄り駅:千里中央駅 徒歩約1分

アクセスマップ

※クリックすると拡大されます

豊中・箕面・吹田を中心とした大阪府全域に対応
箕面市、吹田市、豊中市を中心とした大阪府全域に対応しております。
大阪千里法律事務所
豊中市・箕面市・吹田市の弁護士による交通事故相談

banner-1