豊中市・箕面市・吹田市の離婚問題を弁護士が解決!

弁護士による離婚相談

大阪千里法律事務所

千里中央駅徒歩1分
財産資料を開示しない夫と交渉し、夫名義の財産資料を開示させた上で夫から約2200万円の財産分与金を取得して離婚を成立させた事例

解決事例

この記事を読むのに必要な時間は約2分4秒です。

財産資料を開示しない夫と交渉し、夫名義の財産資料を開示させた上で夫から約2200万円の財産分与金を取得して離婚を成立させた事例

 

依頼者 妻
夫 40歳 パート 滋賀県在住
妻 45歳 会社員 豊中市在住
離婚原因 性格の不一致 精神的虐待
きっかけ 夫から離婚を求められた
財産 不動産・預貯金・株式・生命保険・学資保険・車・確定拠出年金
子ども 2人

 

Aさんは単身赴任中の夫Bから離婚を求められました。
Aさんは離婚に消極的でしたが、Aさんが納得できる離婚条件を夫Bが提示するのであれば離婚に応じようと考えていましたので、協議に応じました。
しかし、夫Bは自ら離婚を求めておきながら、自分に有利な離婚条件しか提示しなかったため、協議は進展しませんでした。
それでも夫Bは執拗にAさんに離婚を求めてきたため、Aさんは当方に依頼されました。
弁護士は、改めて夫Bに対して離婚条件の提示を求めるとともに、夫B名義の財産資料の開示を求めました。
しかし、夫Bは財産資料を開示せず、「Aさん名義の財産をAさんが取得することを前提として、財産分与として夫BからAさんに約1500万円を支払う」という案を提示してきました。
そのため、弁護士が夫Bに対して再度財産資料の開示を求めたところ、夫Bも弁護士に依頼しました。
①財産分与について、夫Bは弁護士に依頼した後、財産資料を開示してきました。
弁護士がその資料を精査したところ、Aさんが想定していたよりも夫Bは多額の財産を保有しており、夫Bが提示していた約1500万円という財産分与額は、裁判で認められる金額よりもかなり低いことがわかりました。
また、夫Bが「結婚前の財産で買った夫Bの特有財産である」と主張していた財産もありましたが、弁護士が当時の資料を開示させて検討したところ、夫Bの主張は当時の資料と整合しないことが分かりました。
弁護士がそのことを指摘して反論したところ、夫Bは上記主張を撤回しました。
その後も弁護士は夫Bと交渉を続け、最終的に夫BがAさんに支払う財産分与額を約2200万円とすることを夫Bに認めさせました。
 ②養育費について、Aさんと夫Bの収入状況からすると月額約13万円が相当額でしたので、夫Bと交渉し、この金額で合意しました。
③婚姻費用について、Aさんが弁護士に依頼する前は、夫Bは月額約14万円負担していました。
もっとも、Aさんや夫Bの年収からすると、月14万円というのは婚姻費用の相当額よりも低いと考えられました。
そこで弁護士は、Aさんと夫Bの年収を基に婚姻費用を算定し、夫Bに婚姻費用の増額を求めました。
その結果、離婚成立までの間、月額約23万円(離婚成立前にAさんが正社員になり、収入が上がったため、その後は月額約19万円)の婚姻費用を夫Bから取得しました。
そのため、最終的に上記①~③の内容で離婚を成立させました。

この記事を読むのに必要な時間は約4分58秒です。
<div class="rikon-box">
<p class="contact"><a href="/contact/"><img class="opacity" src="https://www.senri-rikon.com/wp-content/uploads/topbnr002_btn_form.png" alt="24時間対応 ご相談フォーム" width="308" height="31" /></a></p>
<p class="profile"><a href="/lawyers/"><img class="opacity" src="https://www.senri-rikon.com/wp-content/uploads/topbnr002_btn_about.png" alt="弁護士紹介ページはこちら" width="164" height="17" /></a></p>
</div>
<p><img class="alignleft size-full wp-image-3496" src="https://www.senri-rikon.com/wp-content/uploads/f96d9b4281f6d16b3c7589aed5a17be5.png" alt="" width="272" height="58" /></p>
<p>&nbsp;</p>
<p>&nbsp;</p>
<p>&nbsp;</p>
<p><img class="alignleft size-full wp-image-155" src="https://www.senri-rikon.com/wp-content/uploads/Terao01.png" alt="弁護士 寺尾浩" width="300" height="199" /><strong>寺尾 浩(てらお ひろし)</strong><br />
<br />
 </p>
<p><strong>平成4年3月 一橋大学法学部卒業</strong></p>
<p><strong>平成9年   司法試験合格(52期)</strong></p>
<p>&nbsp;</p>
<p>&nbsp;</p>
<p>&nbsp;</p>
<p>&nbsp;</p>
<p>&nbsp;</p>
<p>&nbsp;</p>
<p>&nbsp;</p>
<p>離婚交渉は当事者にとって精神的につらい作業です。</p>
<p>また離婚は、過去を断ち切って新たな人生の一歩を踏み出す行為ですから、いつまでも過去(離婚交渉)に時間をとられるのは両当事者にとって得策ではありません。そのため、私は離婚問題を早期に解決することを重視しています。</p>
<p>&nbsp;</p>
<p>問題を解決する方法は一つしかありません。それは行動を起こすことです。1人で悩んでいても、同じ考えが頭の中をぐるぐるするだけで、何の解決にもなりません。思い切って専門家にご相談ください。</p>
<p>&nbsp;</p>
<p><span style="text-decoration: underline; background-color: #ffff00; color: #ff0000;"><strong><a style="color: #ff0000; text-decoration: underline; background-color: #ffff00;" href="https://www.senri-rikon.com/?post_type=solution">過去の解決実績はこちらから</a></strong></span></p>
<p>&nbsp;</p>
<p>&nbsp;</p>
<p>【アクセスマップ】</p>
<p>                      <iframe style="border: 0;" tabindex="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3275.7959205337834!2d135.49185161523528!3d34.811075880406335!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x0%3A0x2beb85bc3dd21c4f!2z5aSn6Ziq5Y2D6YeM5rOV5b6L5LqL5YuZ5omA!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1603860562226!5m2!1sja!2sjp" width="100%" height="450" frameborder="0" allowfullscreen="allowfullscreen" aria-hidden="false"></iframe></p>

24時間対応ご予約フォーム
不貞相手への慰謝料請求
不貞相手への慰謝料請求
女性のための離婚相談
男性のための離婚相談
離婚相談票ダウンロード
慰謝料相談票ダウンロード
相談者の声
大阪千里法律事務所

最寄り駅:千里中央駅 徒歩約1分

アクセスマップ

※クリックすると拡大されます

 

豊中・箕面・吹田を中心とした大阪府全域に対応

箕面市、吹田市、豊中市を中心とした大阪府全域に対応しております。

 

豊中市:春日町 岡町 岡町北 岡町南 新千里西町 新千里東町 新千里南町

吹田市:千里丘上 千里丘北 千里丘下 千里丘中 千里丘西 山田北 山田西 山田東 山田南

箕面市: 外院 新稲 西宿 如意谷 箕面 箕面公園  

大阪千里法律事務所
豊中市・箕面市・吹田市の弁護士による交通事故相談

banner-1