豊中市・箕面市・吹田市の離婚問題を弁護士が解決!

弁護士による離婚相談

運営:大阪千里法律事務所

千里中央駅徒歩1分
判決までいくと支払額が増えるし、強制執行される。」と夫を説得して、婚姻費用6ヶ月分30万円、不貞行為の慰謝料250万円、貸金100万円を回収して調停離婚した事例

解決事例

依頼者 妻

妻 33歳 アルバイト

夫 33歳 自営業

財産 不動産・預貯金・車

子ども なし

 

Jさんの夫は不貞行為を行っており、Jさんは興信所に依頼して証拠を入手しておられました。当方が見たところでは、訴訟にも耐えうる証拠でした。そこでJさんは離婚を決意され、当方に交渉を依頼されました。

 

しかし、夫は不貞行為を認めず、示談交渉を拒みましたので、やむを得ず調停を申し立てました。調停でも夫は収入も預貯金も開示せず、婚費も支払わず、慰謝料も数10万円しか提示しませんでした。また、貸金100万円も払おうとしませんでした。ただ、夫の預貯金よりJさんの預貯金の方が多い可能性太ありました。

そこで弁護士は、「訴訟を提起する場合には慰謝料の訴額は500万円とする。裁判所の調査嘱託を利用して夫の預貯金を開示させ、夫の収入を明らかにして、婚費約7万円を判決が出るまで請求する。次回調停成立させるなら、財産分与なし、婚姻費用は5万円6ヶ月の30万円、慰謝料250万円、貸金100万円の合計380万円の支払で終了する用意がある。どうしますか。」と交渉しました。判決が出た後は強制執行をできることも伝えると、夫は当方の調停案を受け入れる意向を示してきました。ただ、一括払いは困難とのことでしたので、調停成立時に190万円を現金で受け取り、残りの190万円は3年の分割払いとして、調停離婚を成立させました。

<div class="rikon-box">
<p class="contact"><a href="/contact/"><img class="opacity" src="http://www.senri-rikon.com/Yuon3cah9ohj5coh6rohph1iwae7chee/wp-content/uploads/topbnr002_btn_form.png" alt="24時間対応 ご相談フォーム" width="308" height="31" /></a></p>
<p class="profile"><a href="/lawyers/"><img class="opacity" src="http://www.senri-rikon.com/Yuon3cah9ohj5coh6rohph1iwae7chee/wp-content/uploads/topbnr002_btn_about.png" alt="弁護士紹介ページはこちら" width="164" height="17" /></a></p>
</div>