豊中市・箕面市・吹田市の離婚問題を弁護士が解決!

弁護士による離婚相談

大阪千里法律事務所

千里中央駅徒歩1分
不貞行為の慰謝料として500万円を請求されたが、慰謝料を150万円に減額して和解を成立させた事例

解決事例

不貞行為の慰謝料として500万円を請求されたが、慰謝料を150万円に減額して和解を成立させた事例

 

依頼者 41歳 会社員 茨木市在住
きっかけ 不貞行為を行っていた女性の夫から慰謝料請求された

 

 Aさんは、既婚者であるBと不貞関係にありましたが、そのことがBの夫であるCに発覚したため、Cが依頼した弁護士から慰謝料500万円を請求されました。
 AさんはCに相当額の慰謝料を支払うつもりでしたが、Cの請求額はあまりに高額であり、かつ、自分で慰謝料の減額交渉するのも難しいと判断し、当方に依頼されました。
 Cが主張している内容からすると、CはBと離婚しない可能性が高いと考えられました。
 不貞行為の慰謝料は、その不貞行為を理由に離婚に至ったかどうかによって金額に大きな差があり、離婚に至っていない場合の慰謝料の相場は100万円~150万円程度です。
 また、AさんとBの不貞行為は、AさんとB2人によるCに対する共同不法行為ですので、AさんがCに慰謝料全額を支払った場合、本来Bが負担しなければならない慰謝料もAさんが支払ったことになります。
その場合、AさんはBに対し、Cに支払った慰謝料の一部(Bが負担すべき金額)を法律上請求することができます(求償請求)。
ただ、Aさんは、早期に解決することを希望していましたので、弁護士は「Aさんが慰謝料として100万円をCに支払い、Bに対する求償権も放棄する」という案をCに提示しました。
これに対し、Cは、上記提案を拒否した上で、「Bに対して求償請求するのは構わない」と主張し、慰謝料の更なる増額を求めてきました。
そこで、弁護士は、Aさんと相談の上、「慰謝料150万円(Bに対する求償権は放棄しない)」という案をCに提示しました。
しかし、Cはこの提案も拒否し、Aさんに対して慰謝料請求訴訟を提起してきました。
ただ、訴訟になった後も、Cの主張は訴訟前のものとほぼ同じだったため、150万円以上に慰謝料を増額できるような主張立証がなされているとは思えませんでした。
そのため、弁護士は裁判官に対して和解案を提示するよう求め、Cも裁判官からの和解案が提示されることを希望しました。
その結果、裁判官から「AさんがCに対して慰謝料150万円を支払う(Bに対する求償権は放棄しない)」という和解案(弁護士が訴訟前にCに提示した示談案とほぼ同内容の和解案)が提示されました。
Aさんは早期に訴訟を終了させることを希望していましたので、この裁判官の和解案に応じる意向でした。
 また、訴訟前には「慰謝料150万円」という案を拒否していたCも裁判官の和解案を受け入れました。
 そのため、最終的に「AさんがCに対して慰謝料150万円を支払う(Bに対する求償権は放棄しない)」という内容で和解が成立しました。

<div class="bnr-m01-common"></div>
<div class="rikon-box">
<p class="contact"><a href="/contact/"><img class="opacity" src="https://www.senri-rikon.com/wp-content/uploads/topbnr002_btn_form.png" alt="24時間対応 ご相談フォーム" width="308" height="31" /></a></p>
<p class="profile"><a href="/lawyers/"><img class="opacity" src="https://www.senri-rikon.com/wp-content/uploads/topbnr002_btn_about.png" alt="弁護士紹介ページはこちら" width="164" height="17" /></a></p>
</div>
<p><img class="alignleft size-full wp-image-3496" src="https://www.senri-rikon.com/wp-content/uploads/f96d9b4281f6d16b3c7589aed5a17be5.png" alt="" width="272" height="58" /></p>
<p>&nbsp;</p>
<p>&nbsp;</p>
<p>&nbsp;</p>
<p><img class="alignleft size-full wp-image-155" src="https://www.senri-rikon.com/wp-content/uploads/Terao01.png" alt="弁護士 寺尾浩" width="300" height="199" /><strong>寺尾 浩(てらお ひろし)</strong><br />
<br />
 </p>
<p><strong>平成4年3月 一橋大学法学部卒業</strong></p>
<p><strong>平成9年   司法試験合格(52期)</strong></p>
<p>&nbsp;</p>
<p>&nbsp;</p>
<p>&nbsp;</p>
<p>&nbsp;</p>
<p>&nbsp;</p>
<p>&nbsp;</p>
<p>&nbsp;</p>
<p>離婚交渉は当事者にとって精神的につらい作業です。</p>
<p>また離婚は、過去を断ち切って新たな人生の一歩を踏み出す行為ですから、いつまでも過去(離婚交渉)に時間をとられるのは両当事者にとって得策ではありません。そのため、私は離婚問題を早期に解決することを重視しています。</p>
<p>&nbsp;</p>
<p>問題を解決する方法は一つしかありません。それは行動を起こすことです。1人で悩んでいても、同じ考えが頭の中をぐるぐるするだけで、何の解決にもなりません。思い切って専門家にご相談ください。</p>
<p>&nbsp;</p>
<p><span style="text-decoration: underline; background-color: #ffff00; color: #ff0000;"><strong><a style="color: #ff0000; text-decoration: underline; background-color: #ffff00;" href="https://www.senri-rikon.com/?post_type=solution">過去の解決実績はこちらから</a></strong></span></p>
<p>&nbsp;</p>
<p>&nbsp;</p>
<p>【アクセスマップ】</p>
<p>                      <iframe style="border: 0;" tabindex="0" src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3275.7959205337834!2d135.49185161523528!3d34.811075880406335!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x0%3A0x2beb85bc3dd21c4f!2z5aSn6Ziq5Y2D6YeM5rOV5b6L5LqL5YuZ5omA!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1603860562226!5m2!1sja!2sjp" width="100%" height="450" frameborder="0" allowfullscreen="allowfullscreen" aria-hidden="false"></iframe></p>

24時間対応ご予約フォーム
不貞相手への慰謝料請求
不貞相手への慰謝料請求
女性のための離婚相談
男性のための離婚相談
離婚相談票ダウンロード
慰謝料相談票ダウンロード
相談者の声
大阪千里法律事務所

最寄り駅:千里中央駅 徒歩約1分

アクセスマップ

※クリックすると拡大されます

 

豊中・箕面・吹田を中心とした大阪府全域に対応

箕面市、吹田市、豊中市を中心とした大阪府全域に対応しております。

 

豊中市:春日町 岡町 岡町北 岡町南 新千里西町 新千里東町 新千里南町

吹田市:千里丘上 千里丘北 千里丘下 千里丘中 千里丘西 山田北 山田西 山田東 山田南

箕面市: 外院 新稲 西宿 如意谷 箕面 箕面公園  

大阪千里法律事務所
豊中市・箕面市・吹田市の弁護士による交通事故相談

banner-1